インプレスグループについて

グループ沿革

1992年〜1995年

1992年 4月 現・ファウンダー/最高相談役である塚本慶一郎が株式会社インプレス(現・株式会社インプレスホールディングス、以下2004年の会社分割まで略号IPC)設立(IT分野のメディア事業に参入)
7月 専門出版社3社(以下)の株式を取得し、インプレスグループを創設
  1. 株式会社ラジオ技術社(現・株式会社インプレスコミュニケーションズ、以下ICC)
  2. 株式会社リットーミュージック(以下RM)(音楽分野のメディア事業に参入)
  3. 株式会社エムディエヌコーポレーション(以下MdN)(デザイン分野のメディア事業に参入)
1994年 3月 グラフィックを活用したパソコン入門書籍「できる」シリーズ第1弾「できるExcel5.0 Windows対応」発行(IPC)
9月 インターネットの一般商用化の流れを受け、インターネットに関する総合情報誌「インターネットマガジン」創刊(IPC)
11月 「年賀状CD-ROM」発行開始し、PC向けデータ付出版物市場を開拓(IPC)
1995年 3月 「秋葉原マップ」(現「AKIBA PC Hotline!」) 開設。以後、「INTERNET Watch」、「PC Watch」「窓の杜」などのニュースメディアを順次開設し(IPC)、インターネットによる情報発信事業に本格参入
8月 日本初の書籍直販サイト「インプレスダイレクト」を開設(IPC)

1996年〜2000年

1996年 4月 「インターネット白書」を刊行し、市場調査事業を開始(IPC)
1997年 1月 国内最大級の楽器検索サイト「楽器探そう! デジマート」開設(RM)
1999年 12月 株式交換によりグループ各社の資本構成を変更し、IPCを事業持株会社とするグループ構成に移行
2000年 10月 連結グループの事業持株会社として、IPCが東京証券取引所市場第一部に上場

2001年〜2005年

2004年 6月 株式会社近代科学社(以下KD)の株式を取得し、理工学専門書の出版事業に参入
10月 会社分割により株式会社インプレスを、グループの持株会社である株式会社インプレスホールディングス(以下IPH)とメディア事業会社である株式会社インプレス(IPC)に分離
2005年 3月 株式会社メディカルトリビューン(以下MT)の株式を取得し、医療分野のメディア事業に参入
10月 「Watch」ブランドによるニュースメディア事業を営む株式会社Impress Watch(以下IPW)が、会社分割によりIPCから分離独立

2006年〜2010年

2006年 2月 株式会社Impress Comic Engineを設立し、ケータイ向けマンガ制作・配信事業に参入
4月 専門事業分野への集中特化をよりいっそう推進するため、会社分割によリIPCを以下の3社に分割
  1. 株式会社インプレスR&D(以下IRD);各種「白書」「調査報告書」などの先端IT分野の調査、出版を行うメディア企業
  2. 株式会社インプレスジャパン(以下、IJ);パソコン入門書籍「できる」シリーズや、年賀状CD-ROMシリーズ、「デジタルカメラマガジン」などを発行するメディア企業
  3. 株式会社air impress;ストリーミング技術を活用した動画メディア企業
9月 北京に「インプレステクノロジー北京(以下IB)」を設立し、中国における事業展開を開始
11月 株式会社山と溪谷社(以下YK)の株式を取得し、山岳・自然分野のメディア事業に参入
2008年 7月 IRDを、会社分割により、従来どおり先端IT分野の調査、出版を行う株式会社インプレスR&D(IRD)と、コントロールド・サーキュレーション方式による雑誌メディア事業を展開する株式会社インプレスビジネスメディア(以下IBC)の2社に分離。IBCは企業内の情報コミュニケーション技術を利活用者向けに特化した月刊誌「IT Leaders」を創刊(2008年9月)
8月 日本初の山岳フェスティバル「涸沢フェスティバル」を開催(YK)
2009年 1月 日本初の打楽器専門イベントとして「リズム&ドラム・マガジン・フェスティバル」を開催(RM)
2010年 7月
YKが創立80周年事業の1つとして、日本の豊かな山岳自然環境を守り、その大切さを次世代につなげることを目的に活動をする「日本山岳遺産基金」を設立
11月 IRDが、大日本印刷株式会社およびliburaプラットフォームを開発した株式会社ライブラネオと提携して、世界初のカスタマイズ型電子出版&オンデマンド製本流通サービス「libura PRO(ライブラプロ)」をスタート
12月 EPUB による週刊電子雑誌『OnDeck』創刊(IRD)

2011年〜2015年

2011年 5月  ギター・マガジン創刊30周年を記念したライブ・イベント『ギター・マガジン・フェスティバル』を開催(RM)
6月 IJがAndroidスマーフォンの専門誌『Androider+』を創刊
2012年
 
1月 電子雑誌『OnDeck』で世界初の雑誌の無在庫出版モデルを実現(IRD)
2月 スマートフォン閲覧に最適化した新しいコンセプトの電子書籍『impress QuickBooks』をスタート(ICC)
3月 Impress Watchの人気著者陣による有料EPUBマガジン『MAGon』を開始(IPW)
4月 国内唯一のスマートグリッド専門メディア「インプレスSmartGridニューズレター」創刊(IBC)
7月 グループ創設20周年
9月 最新の山岳情報をEPUBで提供する週刊電子雑誌『週刊ヤマケイ』創刊(YK)
2013年 10月 アジア市場向け事業の国内拠点として株式会社IAD(以下IAD)を設立
11月 IJがEPUBマガジン『Weekly GANREF』を創刊
12月  『サウンド・アンド・レコーディング・マガジン iPad版』がAppleの「App Store Best of 2013」 ベストiPadアプリに選出(RM)
2014年 3月  パソコン入門書籍「できる」シリーズ20周年、累計6,000万部突破(IJ)
6月 アジア市場向け事業の拠点としてシンガポール現地法人Impress Group Singapore Pte. Ltd.(以下IGS)を設立
7月
 
 IBC、IJ、IPW、ICCの4社が合併し株式会社インプレス(以下IPC)へ商号変更
グループ全体の経営管理及び販売/物流管理を担う会社として株式会社Impress Professional Works(以下IW)を設立
10月 YKがシリーズ『ヤマケイ新書』を発行開始
11月 『年賀状CD-ROM』が20周年(IPC)
2015年 3月 旅行情報ニュースサイト『トラベル Watch』創刊(IPC)
4月  YKが『ヤマケイ登山総合研究所』を設立
5月  RMがカルチャー全般、実用書などを取扱う新レーベル『立東舎』を立ち上げ
12月  iOSアプリ『山溪ハンディ図鑑 日本の野鳥』がAppleの「App Store BEST of 2015」iPadアプリ部門およびApple Watchアプリ部門に選出(YK)
   IPCがGoogleの「Best Programmatic Award 2015」を受賞

2016年〜

2016年 1月
9月
『インターネット白書』が20周年(IRD)
 株式会社天夢人の株式を取得し、旅・鉄道分野の事業に参入(TMJ)
2017年 1月
4月
 
『インターネット白書』が20周年(IRD)
インプレスグループが創設25周年
株式会社クリエイターズギルドの株式を取得し、プラットフォーム事業を強化(CG)

Page Top