Impress Group 面白いことを創造し、知恵と感動を共有するメディア企業グループの総合情報サイト
ホーム >> ニュースリリース >> インデックス
ニュースリリース
→ インデックス
ニュース リリース

各位

2003年1月27日
株式会社インプレス
(証券コード:東証一部9479)



インプレス、NTTコミュニケーションズとの協力で
IPv6情報・活動創造Webサイト「IPv6style」を開設

〜IPv6の世界的な発展・普及を目指し、日英2ヶ国語で同時提供〜


 株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本慶一郎)は、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 正誠)と協力して、1月27日(月)から、IPv6情報・活動創造Webサイト「IPv6style」<http://www.ipv6style.jp/>を開設します。

 現在最も利用されているIP通信手順であるIPv4の後継技術として開発されたIPv6は、今後のインターネットの進化やユビキタスネットワークを実現するために必要な新しい技術として、大変期待されています。IPv6では、PCだけでなく、家電や車などさまざまな機器に直接グローバルアドレスを与えることが可能になり、各々の機器がインターネットで直接つながることにより、高度なアプリケーション利用を促進します。また、自動設定(プラグ・アンド・プレイ)機能によって、PC以外のさまざまな機器によるインターネット接続を円滑化し、インターネットの社会インフラとして大きく貢献するといわれています。

 今回、新設する「IPv6style」は、このIPv6に関する情報や活動を生み出していくためのWebサイトです。インプレスが責任編集を行い、NTTコミュニケーションズ株式会社はコンテンツ企画に関する協力、およびスポンサーシップの形で参加する共同プロジェクトとして運営します。「IPv6style」は、IPv6関連の情報発信だけにとどまらず、IPv6のさらなる理解と普及を促進するため、読者や業界などを巻き込んだ、さまざまな取り組みを展開してまいります。


 「IPv6style」は、以下の基本方針に基づいて運営されます。

1. 実践・利用に重点を置いた各種取り組み

本Webサイトでは、IPv6関連の技術解説や先進的なIPv6活用事例といった情報ニュースのほか、読者や開発者とのコラボレーションによるアプリケーション開発など、実践、利用、応用を最大のテーマに、企画プロデュースしてまいります。

2. 世界的な情報の収集・発信 

日本は、特にIPv6の実装分野では世界的に評価されており、通信サービスや各種応用実験、政府の支援プログラム等でも世界をリードしてきました。一方、他国においても、IPv6関連の知見はさまざまな形で蓄積されており、近年では組織的な研究開発や普及に向けた活動も活発化しています。本Webサイトは、同一内容の情報を日英2ヶ国語で同時提供するとともに、世界的なアドバイザー/情報ネットワークを通じ、IPv6関連情報をグローバルに収集・発信することで、IPv6の世界的な普及を目指します。


【インプレスのIPv6に対する取り組み】

IPv6関連の最新動向、業界ニュースなど、IPv6を技術面、ビジネス面、そして社会的側面からお伝えするIPv6専門誌「IPv6 magazine」(季刊誌1、4、7、10月18日発売)を発行しています。

【NTTコミュニケーションズのIPv6に対する取り組み】

NTTコミュニケーションズ株式会社は、法人向けの商用IPv6接続サービス「OCN トンネル接続サービス」「IPv6ゲートウェイサービス」を展開しているほか、ADSL経由の個人向けIPv4/IPv6デュアル接続サービス「OCN ADSLサービス IPv6デュアル(A)」など、革新的なIPv6関連サービスの開発・提供に努めています。


 IPv6情報・活動創造Webサイト「IPv6style」は、両社のIPv6関連リソースやノウハウを結集し、日本のみならず世界的なIPv6の発展・普及を支援してまいります。

  | 本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop | 
Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.