Impress Group 面白いことを創造し、知恵と感動を共有するメディア企業グループの総合情報サイト
ホーム >> ニュースリリース >> インデックス
ニュースリリース
→ インデックス
ニュース リリース

各位

2000年8月10日



ビートルズ自身が語る、初のオフィシャル・ビートルズ・ヒストリー
『THE BEATLES アンソロジー』

初回入荷分 限定2万冊
8月11日(金)より予約注文開始!!

2000年10月5日(木)世界各国同時発売に!

〜ビートルズ解散から30年〜
〜20世紀文化の記念碑ともいえる書。未発表写真を含む写真800点満載〜


 株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本慶一 郎)は、2000年10月5日(木)に13カ国語バージョンが世界各国で同時発売される、 ビートルズ自身が参画した初のオフィシャル・ヒストリー・ブック「THE BEATLESア ンソロジー」初回入荷分限定2万冊の予約注文を、8月11日(金)より全国書店、楽器店 、レコード店、THE BEATLES アンソロジーWeb <http://www.rittor-music.co.jp/beatles/> 、リットーミュージックカスタマーセンターにて開始します。

 今回予約開始する初回入荷分2万冊の予約者にはTHE BEATLESアンソロジー・オフィシャル・ポスターをプレゼントするほか、アンソロジーWeb、リットーミュージックカスタマーセンターでの予約者に限り、先着3,000名様にTHE BEATLESアンソロジー・オフィシャル・バッグをプレゼントいたします。「THE BEATLESアンソロジー」はすでにアメリカでは75万部、イギリスでは35万部の予約を受けており、日本版の初回入荷分2万冊は予約注文にてすべて完売することが予想されるほか、日本で10万部、全世界では2,000万部の売り上げを見込んでおります。

「THE BEATLESアンソロジー」は、ビートルズとその周辺の人々の全面的な協力によ って集められた膨大な量の資料を、メンバーの発言を中心に年代順に編纂した歴史的価値のある、オフィシャル・ヒストリー・ブックです。初期の無名時代のころから、 人気を獲得していく過程、定説の解散原因を根底から覆す真相やメンバーの初体験、 ドラッグについてなど本書で初めて明かされる「ビートルズの真実」が満載されています。ビートルズが解散して30年、ジョン・レノンが凶弾に倒れてから20年と、ビー トルズにとって節目にあたる今年、世界各国で、写真展などのイベントや、記念CD、 写真集の発売など、回顧企画が相次いで行われています。「THE BEATLESアンソロジ ー」は、1994年より6年間の歳月をかけてまとめられたもので、ビートルズの未発表曲CDや歴史ビデオを発売した「アンソロジー・プロジェクト」の決定版的な書籍となっています。

 また、このプロジェクトのために、各メンバーはもちろん、多数のApple関係者が写真提供に協力、他書では使用不可能な未発表写真が数多く掲載されているのも特筆すべき点です。総ページ368ページ、写真点数800点に及ぶ、20世紀文化の記念碑ともいえるこの書を紐解くことによって、これまで様々な形で語られてきたビートルズ神話の真実が明らかになります。


THE BEATLES アンソロジー <概要>

■正式書名: THE BEATLES アンソロジー
■価格: 本体6,800円+税
■版型: B4変型版上製本
■総ページ数: 368ページ
■掲載写真点数: 約800点
■ネーム: 約73万語
■発売スケジュール: 2000年10月5日(木)13カ国語バージョン世界各国同時発売
■予約受付: 全国書店、楽器店、レコード店、THE BEATLES アンソロジーWeb <http://www.rittor-music.co.jp/beatles/>、 リットーミュージックカスタマーセンター(03-5213-9296)にて8月11日(金)より開始

*リットーミュージックカスタマーセンターは、特別に8月12日(土)、13日(日) にも受付いたします。
*電話受付時間 (10:00〜17:00)

■予約特典: 全予約者のうち
1. 先着20,000名様にビートルズ・アンソロジー・オフィシャルポスター
2. 上記に加え「THE BEATLSアンソロジーWeb」での予約者に限り、先着3,000名様に ビートルズ・アンソロジー・オフィシャル・バッグをプレゼントいたします。

■制作:
ザ・ビートルズのメンバーが創設したアップル・レコード(APPLE Corps Ltd.)が 総力をあげてプロジェクトを編成。ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、 リンゴ・スターの3人を始め、元ロード・マネージャーで現APPLE Corp社長のニール ・アスピノール、元宣伝スタッフの故デレク・テイラー、クラウス・フォアマンら多くのスタッフが全面協力し、多くの歳月をかけて完成。

■訳者紹介:
ザ・ビートルズ・クラブ(BCC)。日本で唯一の公認クラブ。ビートルズが生んだ音楽 、文化を継承し、より創造的に発展させていくことをめざして、さまざまな活動を行っています。

■株式会社リットーミュージック 会社概要  
http://www.impressholdings.com/info/profiles/rm.htm


≪THE BEATLES アンソロジー 資料≫

<本書からの抜粋>

ジョン: 60年代は若者に革命が起きた時代だ―財産や階級といったくだらないもの から解放され、考え方全体がガラッと変わったんだ。若者がまずそれを受け入れ、次 の世代が受け継いだ。ビートルズはその革命の一部だったんだよ。革命というより、 進化と 呼ぶべきだろう。その進化はいまだに続いている。僕らは全員、同じ船に乗っ ていたんだ―新世界を見つけに海へ乗り出した船に。ビートルズはそのマストの頂上 にいたんだよ。

ポール: “おのれに忠実であれ。”これほどビートルズにふさわしい言葉はないよ。 僕らはいつも自分にすごく正直だった―ビートルズの持っていた図々しいほどの誠実 さ、そこに大きな意味があるんじゃないかな。僕らは自分たちの考えを譲らず、思っ たままのことを口にした。それで世間の人たちも、自分たちだって自分の気持ちに忠実になっていいんだって考えたのさ。すばらしいことじゃないか。

ジョージ: この物語の教訓は、最良の時があれば最悪の時もやってくるっていうこと だ。ビートルズの場合は、それが極端だったんだよ。愛と憎しみ、絶頂とどん底、善 と悪、利害得失、僕らはそういうことからすべてを学んできた。誰でも経験すること だけど、僕らの人生ではその振幅が半端じゃなく激しかった。結局、基本的にはすべ ては善なんだ。どんなことが起きようと、そこから何かを学べればいいのさ。学べな かった時だけが悪なんだよ。「僕は誰?」、「僕はどこへ行くの?」、「僕はどこから 来たんだろう?」って迷っているままではね。

リンゴ: 彼らほど身近な存在はいなかった。僕はひとりっ子だったから、突然弟が 3人できたような気分だったよ。僕らは互いに面倒を見合い、一緒にいるといつも笑 ってばかりいたよ。ホテルで一番広いスウィートをもらって、フロア全部が貸し切り だったのに、結局4人でひとつの部屋のバス・ルームに集まっちゃうんだ。みんなでいる方がよかったのさ。


  | 本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop | 
Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.