Impress Group 面白いことを創造し、知恵と感動を共有するメディア企業グループの総合情報サイト
HOME インプレスグループについて ブランド ニュースリリース 株主・投資家の皆さまへ ビジネスパートナーの皆さまへ 就職希望の皆さまへ
ホーム >> ニュースリリース >> インデックス
ニュースリリース
→ インデックス
ニュースリリース配信サービスメール登録
ニュース リリース

各位


1998年6月1日


 

日本のインターネット人口が1,000万人を突破!!
最新の調査データを満載した
「インターネット白書'98」をインプレスが出版



 日本のインターネットの現状を、最新のデータとともに詳細に解説する「インターネット白書」の1998年度版が、6月10日にインプレスより刊行されます。
 これまでに公表されてきた日本のインターネットの普及率や利用実態等を示すデータによれば、インターネットの利用者数は800万人とも900万人とも言われていましたが、今回の調査で初めて「日本のインターネット人口は1,009.73万人」という結果になりました。

 1998年の2月から3月にかけて日本インターネット協会(会長:高橋徹 東京インターネット)*1と株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役:塚本慶一郎)が、アクセス メディア インターナショナル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:越智淳夫)*2と共同で、全国規模のインターネット動向調査を実施しました。インターネットがブームとなりネットワーク社会への期待が高まる中、このような調査に求められていることは調査方法をより明確にし、最新のデータを収集するということだと考えます。

 今回の動向調査では、個別の電話と郵送調査という伝統的な手法に加え、ホームページによるオンラインアンケートを行い、一般のインターネット利用者とパワーユーザーの実態を比較しました。また、昨年度の同一項目の調査と比較し、利用者の意識や企業の変化を明確にしました。日本インターネット協会では来年度以降も引き続き同様の調査を実施し、日本のインターネットについての豊富な情報を広く一般に提供していく予定です。


 [調査の概要]
調査対象の母集団31,300世帯から、インターネットを利用していると答えた3,745世帯を、パソコン非所有世帯1,000世帯を抽出しました。それぞれの有効回答数は1,567サンプルと543サンプル。またウェブのアンケートは6,458サンプルから1,000サンプルを抽出し、かつてない規模のインターネット利用動向の調査となりました。また、企業のインターネット・イントラネット利用実態調査の有効回答数は1,885件と、これもまた十分なサンプル数を得られました。 アンケートへの回答は統計の専門家によって分析が加えられ、詳しい数値データと統計グラフとともに「インターネット白書'98」の中で公表されています。


[主な調査結果]
インターネット利用者数は1,009.73万人。昨年の同調査(571.8万人)に比べて176.6%と大幅増
・ インターネットの世帯普及率は7.08%
・ 今注目のイントラネットの構築は昨年の2.3倍
・ 女性比率は4倍に急増
・ ショッピング経験者は20.4%
・ SOHO利用者はインターネット利用者の中の15.3%



≪参考資料≫

*1 日本インターネット協会
日本インターネット協会(IAJ:Internet Association of Japan)は、日本のインターネットの健全な普及とネットワーク技術の向上を目的として1993年2月に設立された任意団体。現在、名誉会長は石田晴久氏、副会長は村井純氏、会長を高橋徹氏が務める。定期的にインターネット関連の講演会やセミナー、研究会を開催するとともに、アジア太平洋地域におけるインターネット環境整備のための国際協力を行っている。インターネットに関連したビジネスを行っている企業が会員となっており、1998年4月現在の会員数は163社である。

*2 アクセス メディア インターナショナル株式会社
東京、ニューヨーク、シンガポールに拠点を置き、デジタルメディア関連市場に関するコンサルティング、リサーチ等を行っている。




「インターネット白書'98」の概要


■ 「インターネット白書'98」
編纂:日本インターネット協会 
発売日:1998年6月10日 
仕様:A4変型判/本文192ページ/カラー口絵16ページ
付録:CD-ROM(Windows、Macintosh対応)1枚付属
本体価格:4,800円 / 税込価格:5,040円
発行:株式会社インプレス 販売:株式会社インプレス販売

■この1冊なくしてインターネットは語れない
1000万人時代を迎えて様変わりしている日本のインターネットの動きを調査し、統計資料、一流の執筆陣のレポートでまとめたインターネット資料の決定版。企業・個人の普及率、通信業界の現状、新しいビジネスモデル、コンテンツ規制、海外動向など、インフラから社会まで幅広いテーマを統計資料を中心に掲載。インターネット業界動向を毎日レポートする電子メール新聞「INTERNET Watch」1997年4月から1998年3月までの1年分の全記事をCD-ROMに収録するなど、あらゆる角度から日本のインターネットを分析しています。

■ 統計データとプロバイダー接続マップPDF版をCD-ROMに収録
本文中の統計データは、出典を明記すれば個人のレポートや社内文書など非商用目的では自由に利用することができます。また、教育利用や講演など、コンピュータを利用したプレゼンテーションのために付属CD-ROMにデータを収録しました。文書と統計グラフはWWWブラウザーで閲覧可能なHTML形式で、数値データはMicrosoft Excel(WindowsでもMacintoshでも利用可能な5.0/97ブック形式)で収録してあります。 また、インターネットマガジンで好評のプロバイダー接続マップと、日本から海外への国際プロバイダー接続マップをPDF化して収録しました。


  | 本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop | 
Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.