不採算事業の撤退による固定費などの削減で損失が減少

事業構造改革に伴う不採算事業の撤退の影響や子会社株式の売却による連結の範囲変更もあり、売上高は、前年同期比69.1%減の81百万円となりました。経常利益は、不採算事業の撤退に伴う固定費等のコスト削減により、前年同期に比べ15百万円利益が増加し2百万円となりました。

売上高・経常利益の推移

その他セグメントの会社

  • (株)近代科学社
  • Impress Business Development合同会社
 

最近のニュースリリース

release_title
campany (date)