連結貸借対照表

表を拡大する
連結貸借対照表のポイント

子会社(株)メディカルトリビューンの事業譲渡に関連した同社株式の追加取得及び事業譲渡先への新規出資などにより総資産が58百万円増加し、社債の発行や長期借入等の実行により負債が412百万円増加しました。純資産は、四半期純利益が133百万円となりましたが、子会社の事業譲渡に関連した少数株主持分の減少などにより353百万円減少し、自己資本比率は前期末比0.3ポイント増加の58.8%となりました。

連結損益計算書

表を拡大する
連結損益計算書のポイント

連結業績につきましては、事業構造改革による不採算事業の整理等に伴う売上高の減少はありましたが、書籍販売、広告及び受託制作等の増収で補い、連結売上高は前年同期とほぼ同水準の8,542百万円となりました。営業利益では、固定費等の削減や原価削減施策等の実行により、前年同期に比べ、595百万円利益が増加し、470百万円の営業利益となり、経常利益では前年同期に比べ、542百万円利益が増加し、426百万円の経常利益となりました。四半期純利益では、投資有価証券の売却等による特別利益74百万円と、資産除去債務に関する会計基準の適用及び事業構造改革の実施等に伴い特別損失111百万円とを計上した結果、前年同期に比べ69百万円利益が増加し、133百万円の四半期純利益となりました。

連結キャッシュ・フロー計算書

表を拡大する
連結キャッシュ・フロー計算書のポイント

季節要因による売上債権の回収及び事業構造改革等のコスト削減に伴う支出の減少などにより営業CFで845百万円、長期運転資金の安定化を目的とした資金調達などにより財務CFで348百万円の資金を獲得しましたが、子会社の事業譲渡に関連した出資などにより投資CFが1,393百万円の支出となったことにより、資金残高は前期末に比べ217百万円減少いたしました。