スマートフォン関連書籍の販売が堅調に推移し、広告・制作受託収入も増加

メディア事業につきましては、書籍は、マイクロソフト社の新製品「Office2010」の発売に伴う出荷増や、スマートフォン等の関連書籍の販売が堅調に推移しました。また、調査報告書等のコンテンツ販売の増加、「Impress Watch」を中心にした広告が好調に推移したことにくわえ、エンタープライズIT専門誌「IT Leaders」の読者データベースを用いたターゲットマーケティングサービスも堅調に推移いたしましたが、大型の季節商品である年賀状関連ムックの一部製品が第3四半期の発売となったことで出荷額が減少し、全体では若干の減収となりました。

サービス事業は、中国市場向けプロモーション支援事業の制作受託に加え、国内案件も堅調に推移し、増収となりました。

以上により売上高は、前年同期比2.8%増の2,552百万円となりました。経常利益では、固定費及び原価の削減による収益性の改善も寄与し、前年同期に比べ262百万円利益が増加し、70百万円の利益となりました。

売上高・経常利益の推移

ITセグメントの会社

  • (株)インプレスR&D
  • (株)インプレスビジネスメディア
  • (株)インプレスジャパン
  • (株)Impress Watch
  • 英普麗斯(北京)科技有限公司
 

最近のニュースリリース

release_title
campany (date)