Impress Group
ニュースリリース インデックスへ
ニュース リリース

各位

2008年5月20日
株式会社インプレスホールディングス
(証券コード:東証一部9479)


株式の分割ならびに単元株制度の採用に関するお知らせ


 当社は、本日開催の取締役会において、株式の分割ならびに単元株制度の採用を行うことを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

I.株式の分割ならびに単元株制度の採用の目的

 「株式等の取引に係る決済の合理化を図るための社債等の振替に関する法律等の一部を改正する法律」(2004年法律第88号)(以下「決済合理化法」といいます)に基づき2009年1月に予定されている振替制度への移行(株券電子化)に伴い、端株を整理することを目的として、株式の分割を行うものです。
 また、単元株式数(売買単位)を100株へ統一することを目標とする旨の全国証券取引所の動向(「売買単位の集約に向けた行動計画」)を考慮し、1単元を100株とする単元株制度を採用いたします。
 なお、本件株式の分割は投資単位の引下げを目的とするものではなく、この株式の分割ならびに単元株制度の採用に伴う投資単位の実質的な変更はございません。また、本件に伴う資本金の増加もございません(2008年3月31日現在の資本金:5,341,021,426円)。


II.株式の分割

1.株式の分割の概要

(1)分割の方法

「決済合理化法」施行日の前々日における最終の株主名簿および実質株主名簿に記載または記録された株主(同日の最終の端株原簿に記載または記録された端株主を含みます)の所有株式を、1株につき100株の割合をもって分割いたします。

(2)分割により増加する株式数
株式分割前の当社発行済株式総数 373,715株 (2008年3月31日現在)
今回の分割により増加する株式数 36,997,785株  
株式分割後の当社発行済株式総数  37,371,500株  
株式分割後の発行可能株式総数 124,056,000株  
注:上記発行済株式総数は、新株予約権の行使により増加する可能性があります。

2.株式の分割の日程

●基準日 「決済合理化法」の施行日の前々日
●効力発生日 「決済合理化法」の施行日の前日

注:「決済合理化法」の施行日を実務界で実施目標日としている2009年1月5日(月)と仮定すると、基準日は2009年1月3日(土)、効力発生日は2009年1月4日(日)となります。
なお、この場合、2008年12月25日(木)から2008年12月30日(火)まで、当社株式は東京証券取引所において売買停止となります。

3.その他、この株式の分割に必要な事項は、今後の取締役会において決定いたします。


III.単元株制度の採用

1.新設する単元株式の数
 「II.株式の分割」の効力発生を条件として、「決済合理化法」の施行日の前日をもって単元株制度を採用し、単元株式数を100株とします。

2.採用の日程

●効力発生日 「決済合理化法」の施行日の前日

注:「決済合理化法」の施行日を実務界で実施目標日としている平成21年1月5日(月)と仮定すると、効力発生日は2009年1月4日(日)となります。

以上


【発表資料全文】 [ PDF ] (117KB)


【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレスホールディングス 経営企画室 広報担当
Tel: 03-5275-9010 / E-mail: release@impressholdings.com
URL: http://impressholdings.com
ページトップへ
本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
impress Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.