Impress Group
ニュースリリース インデックスへ
ニュース リリース

各位

2007年12月27日
株式会社インプレスR&D

料金が安いとの評価は、ソフトバンク70%、ドコモ12%、
通話品質、エリア評価では、ドコモ56%、ソフトバンクでは僅か6%
ユーザー評価による特徴の差が明確に
〜『携帯電話通信事業者 ―個人利用動向調査報告書2008 (1)』発売〜


 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、2008年全国ケータイ利用動向調査の結果から、携帯電話通信事業者に対する個人利用者の評価について発表いたします。

 主に利用している通信事業者についてのユーザーの評価は、ソフトバンクユーザーの70%が「料金が安い」と評価しているのに対し、auは47%、ドコモは12%にとどまっています。
 一方、「通話品質が良い・エリアが広い」では、ドコモユーザーが56%と最も高くなり、ソフトバンクユーザーはわずか6%です。また、auユーザーでは「料金プランや割引サービスが豊富である」において、他の通信事業者に比べ高い比率となっています(【図1】参照)。

 満足度としては、全体の73%が満足層に属しており、不満層の合計は10%以下となっています。通信事業者別にみると、満足層はauで83%、ドコモで69%、ソフトバンクでは65%にとどまり、他社と比較してauの満足度が突出していることがわかりました。

 携帯電話機・PHSの利用台数については、「1台」のみが87%、「2台」が9%、「3台」が4%となっています。2台目の通信事業者は、「NTTドコモ」が41%と最も高く、続いて「au」が28%、「ソフトバンク」が23%となります。順位こそ1台目と変わりませんが、ソフトバンクやウィルコムが占める比率が1台目に比べて高くなっていることに注目できます。

 以上のような個人利用者における利用動向について、調査結果を『携帯電話通信事業者 ―個人利用動向調査報告書2008 @』に掲載し発行いたしました。
 本調査報告書では、『2008年全国ケータイ利用動向調査』より、個人消費者を対象とした240項目の設問から、通信事業者に関する設問を中心に、50項目についての詳細な分析を掲載しました。また、『ケータイ白書2008』よりも多い6、300サンプルを対象とし、単純集計に加え、パケット定額制加入有無別、現在主に利用しているケータイの通信事業者(キャリア)別、地域別、性年齢階層別の4パターンのクロス集計を掲載しています。2007 年3月に当社がRDD 電話調査で実施した、インターネット人口調 査の結果に基づいた比重調整を行っており、市場の代表性を確保した集計結果となっています。

【参考資料】

【図1】主に利用している通信事業者の評価(複数回答)


■各調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内

 お客様のご利用ニーズに合わせ、簡易製本の冊子版から、オンラインでのサイトライセンス版まで幅広いラインナップにてご利用いただけます。 「調査報告書オンラインライブラリ」ウェブにおきまして、本調査報告書の一部を無料で試読いただけます。購入検討にご利用ください。(近日公開)
※ 調査報告書オンラインライブラリ http://library.impressrd.jp/


『携帯電話通信事業者 ―個人利用動向調査報告書2008(1)』
製品形態・販売価格一覧(税別)
製品形態 販売価格 備考
冊子版 30,000円 262ページ A4判簡易製本
サイトライセンス
利用期限1年版
30,000円 ウェブにて100名様まで共有してご利用可能
サイトライセンス
利用期限なし版
60,000円 ウェブにて100名様まで共有してご利用可能
PDF印刷可能版 30,000円 ウェブよりダウンロード
PDF印刷不可能版 15,000円 ウェブよりダウンロード
※詳細はこちらより → http://www.impressrd.jp/iil/k-taicontent08

【お見積、ご購入に関するお問合せ先】
株式会社インプレスR&D
インターネットメディア総合研究所 営業担当:稲生(いのう)
TEL:03-5275-9040 FAX:03-5275-2443
電子メール:direct-sales@impress.co.jp


【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/

 インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/

 株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。


<<本件に関するお問い合せ先>>
株式会社インプレスR&D トータルプロデュース室 担当:村田、竜口
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL:03-5275-1087 / FAX:03-5275-9018
電子メール:im-info@impress.co.jp
URL:http://www.impressRD.jp/
ページトップへ
本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
impress Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.