Impress Group
ニュースリリース インデックスへ
ニュース リリース

各位

2007年7月27日
株式会社山と溪谷社
代表取締役 粟津 彰治

日本一の富士山に登ってみたい方、必見!
山頂では登頂認定証(待受)ダウンロードサービスも!
山と溪谷社ホームページ内に特設コーナー
「富士山ナビ」が期間限定でオープン!


インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都港区、代表取締役 粟津 彰治)は、「富士山に登りたい!」というニーズに応える特設サイト「富士山ナビ」を、山と溪谷社ホームページ内に、9月末までの期間限定でオープンしました! 今夏は、より多くの方に登ってもらい、投稿してもらい、ウェブ上で富士登山の楽しみを分かち合います!


■日本一の富士山はけっこう過酷な山登りなんです!
 富士山には7月1日の山開きから2ヶ月半ほどの登山シーズンに、毎年20万人もの方が訪れますが、大半は、登山の経験がなく、思いつきや観光の延長で登る方々です。
 がしかし標高3776mの富士山は過酷な山です! 五合目の入山口からは登り約6時間、下り約3時間を要し、麓が30℃でも、標高2400m付近の5合目では20℃、山頂では10℃になり、夏と冬ほどの気温差があります。山頂でご来光を求める夜行登山ではさらに気温が下がり、明け方には氷点下になることも。風が強い、天候が急変する、高山病も心配…と、登山が初めての方には過酷な山なのです。
 山と溪谷社では、このような方に向けたガイドブックとして、『富士山ブック』を発刊してきましたが、本年は、初めてウェブ展開し、富士登山を計画する潜在層へ訴えます。本格シーズンとなる7月20日に特設コーナーをオープンしました。より多くの方に、安全に確実に登頂してもらえるような記事をご用意しました。

  • PCサイト山と溪谷社ホームページ「富士山ナビ」 http://fujisan.yamakei.co.jp/
  • 携帯サイト「山と渓谷モバイル 富士山に登ろう2007」へは右のQRコードから。
    または、http://yk.cave.co.jp/yk/fuji.php にアクセスしてください。
    ※携帯サイト「山と渓谷モバイル」は、株式会社山と溪谷社が監修し、株式会社ケイブが運営しています

■「富士山ナビ」の特徴
PC・携帯の利点を考え、登山前(準備)、登山中、登山後に楽しめる企画が盛りだくさんです!

  1. 富士登山 ショップdeコンシェルジュ
    登山・アウトドア専門店全国17店の30人の店員さんと連携。初めての人をサポートします。
    富士山で不安があったら、バッヂをつけた店員さんに相談してみよう!(PCサイト)
  2. 登頂認定証ダウンロード!
    富士山の頂に立ったら山小屋「扇屋」へ。設置されたQRコードから、本企画オリジナル、日付入り
    「登頂認定証(待受)」がダウンロードできます! 画像は登頂してのお楽しみ! (携帯サイト)
  3. 山頂日記
    山頂の山小屋「扇屋」に住み込む 写真家・小岩井大輔氏の山頂での60日をお届けします!
    夏なのに雪が! 強風と雨! 吊るし雲が! など山頂ならではの驚きの毎日です
    (下記にサンプルをご紹介します)
  4. 登頂レポート投稿
    登頂達成したあなたのコメントを写真付きで投稿してください。辛かった、寒かった、登ってよかった…など、悲喜こもごもの達成感あふれたコメントが次々届いています!
    (下記にサンプルをご紹介します)

  5. PC、携帯の両サイトのコンテンツ一覧
    コンテンツ PCサイト 携帯サイト
    登山成功ノウハウ満載の「成功術」
    協力ショップ紹介「コンシェルジュ」
    山頂小屋住み込みカメラマンによる「山頂日記」
    写真は一日一枚

    全写真掲載
    「登頂認定証」ダウンロードサービス 
    山小屋、アクセス、マイカー規制などの基本情報
    一部
    どこまで登ったか一目でわかる「登山口別ルートマップ」
    登山計画、登頂レポート、口コミ情報などの「投稿コーナー」
    掲載のみ

    投稿と掲載
    世界遺産は是か非か!? 「世界遺産アンケート」
    オリジナル「富士山検定」
    「富士登山のためのピラティス」
    『富士山ブック2007』プレビュー 
    ※携帯サイト「山と渓谷モバイル」は、株式会社山と溪谷社が監修し、株式会社ケイブが運営しています

■写真家・小岩井大輔氏 山頂日記
2007.7.23.「山頂日記Vol.17」
ジュータンのような雲海の上から綺麗なご来光がでました。平日でも早朝は賑やかになりました。天気良く暖かいけど、風があり体中砂だらけです。登山する方はサングラスやゴーグルは必需品ですよ。夕方になるとガスるんだよなぁ〜。今日は宿泊客で一杯です。
(写真家=小岩井大輔)

■登頂レポート投稿が盛り上がっています!
「やった!念願叶った!」
2007年7月21日12時初登破です!
山頂は曇り&強風で寒くてたまりませんでした。あそこだけ冬でした(>_<)でもこの達成感はなんとも言えないです。ホントに富士山はすごいです。6時間頑張った甲斐がありました。20代最後の素晴らしい記念になりました!一緒に登ってくれた彼、それから5合目から見慣れた人達にも感謝です。ありがとう!!それから富士山にもありがとう☆ミ30代も頑張りますo(^-^)o頂上で付けた朱印が特別な感じで嬉しかったです。(投稿者:みにゆう さん)

■関連雑誌『富士山ブック2007』
富士山に登る人へ向けた「登頂成功のためのガイドブック」。いつ行けばいいのか、どのコースを登ればいいのか、どんなスケジュールで行くのがいいのか。そんな疑問を解決します!
価格: 定価880円(本体 838円 +税)
体裁: A4変型判 108ページ
発売: 2007年06月11日
ISBN: 978-4-635-92249-4
販売: 全国の書店、およびWeb書店で販売中!
    協力の登山・アウトドア専門店にて販売中!
    インプレスダイレクト「YAMAKEI SQUARE」でも販売しています!
    http://direct.ips.co.jp/book/yamakei.cfm
    詳細は山と溪谷社のホームページで
    http://www.yamakei.co.jp/products/detail.php?id=901498

■本書のご購入に関するお問い合わせ先
山と溪谷社 注文センター
TEL03-5275-9064 (営業時間 10:00-17:30 土日、祝祭日を除く)
http://direct.ips.co.jp/book/yamakei.cfm

■山と溪谷社について http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア・旅行・スキー等の分野で出版活動を展開しています。

■インプレスグループについて http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本慶一郎、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開して います。


<<本リリースについてのお問い合わせ先>>
株式会社山と溪谷社
〒107-8410 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル1F
ウェブ展開について 事業企画部 湯浅(03-6234-1620)
本の内容について 出版部 神谷(03-6234-1614)
e-mail:info@yamakei.co.jp
URL:http://www.yamakei.co.jp/

ページトップへ
本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop |
impress Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.