Impress Group 面白いことを創造し、知恵と感動を共有するメディア企業グループの総合情報サイト
ホーム >> ニュースリリース >> インデックス
ニュースリリース
→ インデックス
ニュース リリース

各位

2003年7月1日
株式会社インプレス
(証券コード:東証一部9479)



インプレス 『インターネット白書2003』発売

家庭からのブロードバンド利用者数
1,596万2千人

インターネット利用世帯の39.3%がブロードバンド接続

〜日本のインターネット人口5,645万3千人
(2003年2月末時点)〜



 株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役:塚本慶一郎)は、最新のインターネット利用動向を詳細にまとめた財団法人インターネット協会監修「インターネット白書2003」を、7月2日(水)に発売いたします。

 「インターネット白書」は、インターネット協会(東京都港区、理事長:秋草直之)監修のもと、民間が手掛けるインターネット動向調査報告書の先駆けとして、1996年に第1回目を発行以来、今年で8回目を迎えます。インターネット黎明期からブロードバンド普及期に突入した現在まで、日本のインターネットの発展を多角的に調査分析し、情報発信しています。

インプレス「インターネット白書2003」最新インターネット利用動向・注目の調査結果まとめ

■日本のネット人口 5,645万3千人 〜日本のインターネット人口と世帯浸透率〜

 今回の調査により、日本のインターネット人口は2003年2月時点で5,645万3千人となり、昨年2月の4,619万6千人からこの1年間で1,025万7千人増加しました。2003年12月末では6,124万人になる見込みです。  インターネットの世帯浸透率(利用場所、接続機器を問わず、1世帯に1人以上インターネット利用者がいる割合)は73.0%となり、昨年の62.4%から10.6%増加しています。

■家庭からのブロードバンド利用者数 1,596万2千人 〜ブロードバンド(*)に関する調査結果〜

 インターネット利用世帯の39.3%が、すでにブロードバンドを利用しており、安価なADSLサービスの普及によって昨年の18.5%から2.6倍に急増しました。インターネット非利用世帯を含む国内全世帯におけるブロードバンド普及率(ブロードバンド世帯普及率)は、2003年2月時点で19.0%となります。  また、ブロードバンド接続世帯内の平均利用者数から換算した結果、自宅の機器からのブロードバンド利用者数は、2003年2月時点で、1,596万2千人と推計されます。

■個人向けISPとIP電話でYahooBB!が1位 〜個人の利用実態に関する調査結果〜

 ウェブアンケートで聞いた個人のインターネットの主な接続方法は、ADSLが61.9%と圧倒的に多く、一昨年の0.8%、昨年の20.1%から急伸しています。
 ADSLサービス事業者別にみると、NTT (フレッツ・ADSL)が31.0%、ヤフー(Yahoo!BB)が30.5%となり、ほぼ同率で並びました。Yahoo!BBは、ISPとしても昨年首位の@nifty、NTTのOCNを抑えて1位となったほか、IP電話を利用している人の73.1%がBBフォンを利用していると回答しています。ADSLとIP電話のセット販売というYahoo! BBの販売戦略により、ナローバンド時代から事業者の世代交代が一気に進んだといえる結果になりました。

■アジア太平洋地域のインターネット利用者が世界最大に 〜世界の動向に関する調査結果〜

2002年末の世界のインターネット利用者数は、6億7,080万人にのぼります。地域別のインターネット利用者数比率では、日本を含むアジア太平洋地域が32.1%となり、ヨーロッパの31.9%を抜いて、初めてアジア太平洋地域が世界最大となりました。  また、世界のブロードバンド利用者数は、2003年末で9,310万人と予測されます。2001年末から2002年末にかけて日本のブロードバンド利用者の増加率は、前年比498.3%と世界で最も高い増加率となり、世界のブロードバンド人口の伸びに貢献しました。

「インターネット白書2003」では、上記のような調査結果の他、携帯モバイルやEC、コンテンツ・サービス等における個人の利用実態、企業や社会など、あらゆる環境下でのインターネット利用動向の詳細な調査データや分析レポートを包括的に満載しています。


(*)本調査におけるブロードバンド接続とは、ADSL/xDSL、CATV、FTTH (光ファイバー)、公衆無線LANアクセスポイント、専用線接続、第三世代携帯電話による接続方法を指します。ナローバンド接続とは、基本的にはISDNを含む電話回線によるダイヤルアップ接続を指しますが、第三世代携帯携帯電話以外の携帯電話/PHSをデータ通信に利用した接続、 データカード使用のデータ通信もダイヤルアップ接続としています。



「インターネット白書2003 利用動向調査レポート」 概要

監    修:  財団法人インターネット協会
発 売 日:  2003年7月2日
仕    様:  A4変型判/本文400ページ
定    価:  本体価格5,800円(税別)
発    行:  株式会社インプレス

※「インターネット白書2003 利用動向調査レポート」に掲載した独自調査データ(全544点)は、プレゼンテーションに利用しやすいGIF形式で、ホームページから無料でダウンロードすることができます。 

インターネット白書2003 詳細ページ
<http://internet.impress.co.jp/books/1801/ >

読者専用のグラフ画像ダウンロードページ
<http://internet.impress.co.jp/hakusyo/>
(本書掲載のIDとパスワードが必要です。)

【本文内容】

第1部 日本の普及状況 1-1 インターネット利用人口と普及率
第2部 個人の利用実態 2-1 通信回線とISP
    2-2 ホームネットワークと利用環境
    2-3 モバイルインターネット 
    2-4 デジタルコンテンツと情報コミュニティー
    2-5 オンラインショッピングとオークション
    2-6 セキュリティー
    2-7 携帯電話・PHSのインターネット
第3部 企業の利用実態 3-1 通信回線とISP
    3-2 ドメインネームと社内ネットワーク
    3-3 iDC・ハウジング・ホスティング
    3-4 活用業務とASP
    3-5 リスクマネジメント
    3-6 利用効果と課題
第4部 海外の普及状況 4-1 世界
    4-2 アジア
    4-3 アメリカ
    4-4 ヨーロッパ



株式会社インプレス 概要
〜「インターネット白書2003」発行〜
設     立: 1992年4月
代表取締役社長: 塚本慶一郎
事 業 内 容: IT・パソコン関連出版事業
インターネット・デジタルコンテンツ事業
所  在  地: 東京都千代田区三番町20番地
URL <http://www.impress.co.jp/>

財団法人インターネット協会 概要
〜「インターネット白書2003」監修〜
設     立: 2001年7月
理  事  長: 秋草直之
協 会 概 要: 財団法人インターネット協会(IAjapan: Internet Association Japan)は、「日本インターネット協会」(1993年12月設立)と「電子ネットワーク協議会」(1992年10月発足)との統合により設立された公益法人です。インターネット関連技術の最新技術動向の情報提供や、インターネット利用動向調査、セミナー開催や研究部会活動、インターネット利用におけるルールやマナー等の普及、レイティング・フィルタリングシステムの運用、オンラインソフト/フリーソフトの表彰、インターネット利用者のホットラインサービスの体制作りなどを中心とする活動を行なっています。
会  員  数: 246社
所  在  地: 東京都港区新橋3-4-5 新橋フロンティアビルディング 6F
URL <http://www.iajapan.org/>

アクセス メディア インターナショナル株式会社 概要
〜「インターネット白書2003」調査主体〜
設     立: 1995年10月
代表取締役社長: 越智淳夫
事 業 内 容: 調査
コンサルティング・マーケティングサービス
インベストメント・インキュベーション
所  在  地: 東京都港区南青山5-10-13
URL <http://www.ami.co.jp/>


7月1日開催「インターネット白書2003」記者発表会 発表資料<pdf>(796KB)

 PDF版をご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。
  お持ちでない方は、こちらよりダウンロードができます

  | 本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop | 
Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.