Impress Group 面白いことを創造し、知恵と感動を共有するメディア企業グループの総合情報サイト
ホーム >> ニュースリリース >> インデックス
ニュースリリース
→ インデックス
ニュース リリース

各位

2002年11月21日
株式会社インプレス
(証券コード:東証一部9479)





ストックオプション(新株予約権)の発行に関するお知らせ


株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本慶一郎)は、2002年6月25日開催の第10期定時株主総会にて承認されました商法第280条ノ20および第280条ノ21の規定に基づくストックオプション(新株予約権)の発行について、本日開催の取締役会において具体的な条件を決定いたしましたのでお知らせいたします。

 

1. 新株予約権の発行日
2002年12月2日

2. 新株予約権の割り当てを受ける者
当社及び当社子会社の取締役及び従業員の一部 合計10名

3. 新株予約権の数
普通株式50株  (新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株。)
なお、当社が株式分割を行なう場合は、次の算式により目的となる株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式数についてのみ行なわれ、調整による1株未満の端数は切り捨てる。

4. 新株予約権の数
50個

5. 新株予約権の発行価額
無償で発行するものとする。

6. 新株予約権の行使に際して払込みをすべき額
新株予約権1個あたりの払込金額は、次により決定される1株あたりの払込金額に新株予約権1個あたりの目的となる株式数を乗じた金額とする。
1株あたりの払込金額は、新株予約権を発行する日の属する月の前月の各日(取引が成立していない日を除く)における東京証券取引所における当社株式普通取引の終値の平均値に1.02を乗じた金額(1円未満の端数は切り上げ)とする。ただし、当該金額が新株予約権を発行する日の終値(取引が成立しない場合はその前日の終値)を下回る場合は、当該終値とする。


なお、株式の分割及び時価を下回る価額で新株を発行するときは、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。

7. 新株予約権の権利行使期間
2003年7月1日から2005年6月30日まで

8. 新株予約権の行使の条件
(1) 新株予約権者は、権利行使時において当社及び当社子会社の取締役、従業員のいずれかの地位を保有していることを要する。
(2) 上記(1)にかかわらず、新株予約権者が死亡した場合は、相続人がその権利を行使することができる。
(3) 新株予約権者は、付与された権利の質入れその他の処分をすることができない。
(4) 上記7.の行使期間内において、取引の終値が150,000円を超えた場合に、その都度、その翌日から15営業日までを行使可能とする。

9. 新株予約権の消却
当社は、新株予約権の割当を受けた者が前項の(1)による権利を行使できる条件に該当しなくなった場合には、その新株予約権を無償で消却する。


10.
新株予約権の譲渡制限
新株予約権を譲渡するときは、取締役会の承認を要する。

11. 新株予約権証券の発行
当社は、新株予約権の割当を受けた者より請求のあるときに限り、新株予約権証券を発行する。

12. 新株予約権の行使によって新株を発行する場合におけるその新株の発行価額中資本に組入れない額
新株予約権の行使により発行する株式の発行価額中資本に組入れない額は、発行価額より資本に組入れる額を減じた金額とし、資本に組入れる額とは、発行価額の2分の1とする。

13. 新株予約権の行使によって新株を発行する場合の利益又は利息の配当起算日
新株予約権の行使によって新株を発行する場合には、当該新株式に対する最初の配当金又は中間配当金は、4月1日から9月30日までに行使がなされたときは4月1日、10月1日から3月31日までに行使がなされたときは10月1日をそれぞれ配当起算日として支払うものとする。

 

 

以上


  | 本サイトのご利用について | お問い合わせ | プライバシーについて | 会社概要 | インプレスグループサイト | インプレスグループTop | 
Copyright © Impress Holdings, Inc., an Impress Group company. All rights reserved.