固定費及び原価の削減などにより収益性が改善

デザインセグメントにつきましては、書籍は、デザインパーツ・素材関連書籍等の既刊書籍の出荷が減少したものの、順調な新刊の刊行により堅調な販売状況となりました。一方、雑誌・ムックは、不採算誌の休刊及び新刊タイトルの減少等により、販売及び広告収入が減少し大幅な減収となりました。

以上により売上高は、雑誌・ムック等の製品ラインナップの整理等も影響し、前年同期比26.9%減の371百万円となりましたが、人件費等を中心とした固定費及び原価の削減などにより収益性は改善し、経常利益は、前年同期とほぼ同水準の17百万円の損失となりました。

売上高・経常利益の推移

デザインセグメントの会社

  • (株)エムディーエヌコーポレーション
 

最近のニュースリリース

release_title
campany (date)