1. トップ
  2. 株主・投資家情報
  3. ディスクロージャーポリシー

株主・投資家情報

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーに対する当社の考え方

 投資家の皆様に適切な投資情報をお届けするために当社は、オープンポリシーを旨とするIR活動を行ってまいります。具体的には、東京証券取引所の適時開示規則に準拠することはもちろんですが、当社の判断により、投資判断を左右する重要な会社情報が生じた、と認められる場合には、直ちに適切な開示措置を講じます。
 
 当社はインターネットを通じたコンテンツ流通を行っており、インターネットの可能性を信じて事業を行っております。IR活動にも積極的にインターネットの有効性を生かして行きたいと存じます。

1.『公開の方法』

会社情報の開示に関しましては、東京証券取引所の「TDnet」(適時情報開示システム)に登録します。その後、東京証券取引所内の記者クラブである「兜クラブ」に資料投函いたします。
また、資料投函と同時に当社ホームページのIR関連情報の欄に掲載いたします。

2.『公開する情報の内容』

適時開示する情報は以下のように考えております。

【当社に係る情報】
  • 決定事項に関する情報
    新株発行、新技術の事業化、他社との提携など会社が決定する事実
  • 発生事実に関する情報
    災害に起因する事実、主要株主の移動などの事実
  • 決算に関する情報
    売上高、利益の変化など決算に係る事実

≪重要な会社情報の開示時期につきましては、取締役会決議等の形式的な側面にとらわれることなく、実態的に判断することが必要と認識しており、「決定事項に関する情報」のような会社の意思決定に係る情報については、会社の業務執行を実質的に決定する機関による決議がなされた時点、「発生事実に関する情報」のように外的な要因によって生じる情報については、その発生を認識した時点、においてそれぞれ開示が必要と考えております≫
 
【連結子会社に関する情報】

株式交換、合併、営業の譲渡または譲受けなどの決定や事業運営、財産に関する事実
(2000年9月)

Page Top